この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

vSphereクライアントを使用したBlackArmor NASのVMware iSCSI Datastoreの設定方法

以下の手順は、iSCSIターゲット/デバイスがBlackArmor NASに既に設定されていることを前提としています。iSCSIターゲット/デバイスの設定に関しては文書ID:219631をご覧ください。この設定が済んでから本マニュアルを読み進めてください。

  1. vSphereクライアントを開き、ログインしてください。
  2. [Configuration(設定)]タブを選択します。

  3. 左側の[Hardware(ハードウェア)]下の[Storage Adapters(ストレージ・アダプタ)]を選択します。

  4. [iSCSI Software Adapter(iSCSIソフトウェア・アダプタ)]を探します。これを強調表示し[Properties...(プロパティ)]をクリックします。


     
  5. [設定(Configure)]ボタンをクリックします。


     
  6. [Status(ステータス)]下、[Enable(有効にする)]横のボックスにチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。
  7. [Initiator Properties(イニシエーターのプロパティ)]ボックスで、[Dynamic Discovery(動的検出)]タブをクリックし[Add...(追加)]ボタンをクリックします。


     
  8. NAS IPアドレスを入力します。NAS設定内のiSCSIマネージャページのポートにマッチする[Port(ポート)]を確認し、[OK]ボタンをクリックします。


     
  9. [iSCSI Server Location(iSCSIサーバー・ロケーション)]にデータが入力されます。[Close(閉じる)]ボタンをクリックします。


     
  10. 警告ボックスが表示され再スキャンを指示します。[Yes(はい)]ボタンをクリックします。
    ターゲットが接続されたことが表示されます。

  11. 左側の[Storage(ストレージ)]をクリックし、[Add Storage...(ストレージの追加)]をクリックします。

  12. [Storage Type(ストレージの種類)]を選択し[Next(次へ)]ボタンをクリックします。


     
  13. iSCSIディスクを強調表示し[Next(次へ)]ボタンをクリックします。


     
  14. Datastore名を入力し[Next(次へ)]ボタンをクリックします。



     
  15. 必要な[Maximum file size(最大ファイル・サイズ)]をドロップダウンから選択し、[Capacity(容量)]も指定します。ヘルプが必要な場合は、VMwareヘルプ・マニュアルをご参照ください。[Next(次へ)]ボタンをクリックします。


     
  16. [Disk layout(ディスクレイアウト)]を確認し、[Finish(完了)]ボタンをクリックします。


     
  17. これでiSCSIディスクがDatastoreと表示されます。


     
  18. これで新しい仮想マシンをiSCSIドライブに作成できます。
    必要に応じてVMwareヘルプ・マニュアルをご覧ください。