この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

Time Machineと合わせたBlackArmorの使用

Time Machineの有効化/無効化

ネットワーク上のMacユーザーは、Time Machineを使ってBlackArmorサーバーへバックアップを行ったり同サーバーから復元したりすることができます。BlackArmorのデフォルトではTime Machineは「有効」になっています。以下の手順を踏むことで、Time Machineを使ったバックアップの有効化/無効化、およびバックアップ・ディレクトリの選択ができます。

  1. BlackArmorマネージャにログインします。
  2. メニュー・バーで、[Storage(ストレージ)]を選択し、[Backup Manager(バックアップ・マネージャ)]をクリックします。
  3. [Backup Server(バックアップ・サーバー)]下の[Time Machine]をクリックします。

デフォルトのボリュームをバックアップロケーションに使用することができます。このボリュームを使用するか、必要であれば新規にボリュームを作成することもできます。(新規にボリュームを作成する場合は、[Storage(ストレージ)] > [Volumes(ボリューム)]をクリックします。)Time Machineのバックアップに指定されているディレクトリから全データを削除したい場合は、[Clean up this repository(このレポジトリをクリーンアップする)]をクリックします。このボタンをクリックする前に、選択したボリュームの状態が正常であることを確認してください。

  1. [Submit(送信)]をクリックして変更を適用します。

    BlackArmorへのバックアップアクセスを必要とするMacユーザー全員に、ユーザーアカウントを作成してください。

Time MachineのBlackArmorサーバーにバックアップする

  1. Mac上で[Time Machine Preferences(Time Machineの環境設定)]を開きます。
  2. オフになっていればTime Machineを[ON(オン)]にします。
  3. [Change Disk(ディスクを変更する)]をクリックします。
  4. メニューからBlackArmorサーバーを選択します。
  5. [Use for Backup(バックアップに使用する)]をクリックします。

設定プロセスを完了させるには、BlackArmorのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

Apple Time Machineの問題に関するトラブルシューティング:

エラー:

  • サーバー"BA-00XXAA.local"への接続に問題がある。
  • Time Machineはバックアップ・ディスク"BA_Backup"にアクセスできない。操作が完了できなかった。(OSステータス・エラー 2.)

以下がトラブルシューティングの手順です:

  1. レポジトリをクリーンアップします。
    1. BlackArmorマネージャページを開き、[Storage(ストレージ)] > [Backup Manager(バックアップ・マネージャ)]> [Backup Server(バックアップ・サーバー)]を開きます。
    2. [Time Machine]をクリックします。
    3. [Disable(無効にする)]を選択します。
    4. [Submit(送信)]をクリックします。
    5. [Enable(有効にする)]を選択します。
    6. [Clean up this repository(このレポジトリをクリーンアップする)]をクリックします。
    7. [Enable(有効にする)]を選択します。
    8. [Submit(送信)]をクリックします。
  2. レポジトリをクリーンアップしても問題が解決しない場合、NASユニットを再起動します。
  3. 異なるユーザーアカウント承認情報を使用してみてください。
  4. 新しいユーザーアカウントと共有を作成します。
  5. ファームウェアをリフラッシュします。