シーゲイトBlackArmor ManagerでのRAID 0ボリュームの作成

RAID 0は、「ストリッピング」とも呼ばれます。RAID 0はスピードが速いことで知られています。 RAID 0ボリュームにデータを書き込むと、ストリップされたすべてのドライブに同時に書き込まれます。各インターフェイスを水まきホース、ボリュームをバケツと考えると、ホースを何本か同時に使用してバケツに水を溜めるとより早く溜まります。ストリッピングに関しても同じことが言えます。データがボリュームに書き込まれる時、1つ以上のドライブ・インターフェイスを使用して書き込まれるため、より速くなります。
RAID 0ボリュームの弱点は、データが保護されないという点です。ストリップのうちの1台のドライブが壊れると、ボリュームのデータがすべて影響を受けたり、壊れたり、失われたりする可能性が高くなります。
次に、RAID 0を作成するために必要なステップを示します。ここでは次のように仮定しています。

  • BlackArmor NASサーバの重要なデータをすべて、他の場所にバックアップしてあること。
  • 必要がない過去のボリュームがすべて削除されていること。
  • BlackArmorマネージャに管理者権限でログインしていること。

手順:

  1. [ストレージ(STORAGE)]にマウスオーバーし、[ボリューム(Volumes)]をクリックします。[ボリューム(Volumes)]ページが開きます。
  2. [追加(Add)]アイコンをクリックします。[ボリュームに追加するディスクの選択(Volume Add Disk Selection)]ページが開きます。ボリュームに含めるドライブ(HDD)を選択します。
  3. [次へ(Next)]をクリックします。[ボリュームに追加するRAIDのタイプ(Volume Add RAID Type)]ページが開きます。[RAID 0]ラジオ・ボタンをクリックします。
  4. [次へ(Next)]をクリックします。次の情報を入力します。
    1. ボリューム名
    2. ボリュームの説明
    3. ボリュームを[暗号化(Encrypt)]するかどうかをチェックボックスで選択します。
    4. [ボリュームのサイズ(Volume Size)]を入力するか、または[最高(Max)チェックボックスにチェックを入れて、選択されたドライブの全体のスペースを使用します。
  5. [次へ(Next)]をクリックします。[ボリュームへの追加サマリー( Volume Add Summary)]ページが開き、ボリュームの設定が表示されます。
  6. 完了」をクリックします。ボリューム作成プロセスが開始します。完了すると、ボリュームが準備されます。これは、ボリュームのサイズによって時間がかかる場合があります。完了したら、「RAIDの設定変更が完了しました(RAID configuration changed successfully)...」というメッセージが消え、ボリュームが使用できるようになります。

シーゲイト・ビデオ・チュートリアル―RAID 0ボリュームの作成
フラッシュ・ガイドを表示する
映画を見るにはここをクリックしてください。





この記事の有用性を評価してください。