この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

NASバックアップにNASを設定して実行する方法

NASからNASへのバックアップまたは復元を設定・実行するための次のステップはすべて、同じコンピュータから実行できます。

  1. BlackArmor ディスカバリを開きます。
  2. [バックアップ保存先(backup destination)] にBlackArmorを選択し、 [ドライブの詳細を表示(View Drive Details)]ボタンをクリックします。
  3. [管理 (Manage)] ボタンをクリックします。
  4. ブラウザが開きます。「管理者」としてログインします。
    [マネージャ(Manager)]ページを開く他にも、ブラウザを開くオプションもあります。
    [アドレス(Address)]フィールドに、「//BAのIPアドレスまたは名前」と入力して、[Enter]キーを押します。
  5. [ストレージ(Storage)]にマウスオーバーし、ドロップダウン・メニューから[バックアップ・マネージャ(Backup Manager)]を選択します。
  6. ページ左側の[ストレージ(Storage)]セクションにある[サーバ設定(Server Setting)]をクリックします。
  7. [バックアップ・サービス(Backup Service)]の横にある小さい四角にチェックマークを入れて、必要な場合は[送信(Submit)]をクリックします。
    [認証名(Auth name)]および[認証パスワード(Auth password)]をメモします。

[エイリアス名(Alias name)]を作成します。

  1. [エイリアス名(Alias name)]の横のフィールドに名前または言葉を入力します。
  2. [新しいエイリアスの追加(Add new alias)]ボタンをクリックします。少しの間、[処理しています(Processing)]と表示されます。
  3. [エイリアス名の編集(Alias Name Editing)]ドロップダウンをクリックして、作成したエイリアスを選択し、[送信(Submit)]ボタンをクリックします。また、少しの間、[処理しています(Processing)]と表示されます。

保存元のBlackArmorでバックアップを設定します。

  1. BlackArmor ディスカバリを開きます。
  2. [バックアップ保存元(backup source)] にBlackArmorを選択し、 [ドライブの詳細を表示(View Drive Details)]ボタンをクリックします。
  3. [管理 (Manage)] ボタンをクリックします。
  4. ブラウザが開きます。「管理者」としてログインします。
  5. [ストレージ(Storage)]にマウスオーバーし、ドロップダウン・メニューから[バックアップ・マネージャ(Backup Manager)]を選択します。
  6. ページ左側の[ストレージ(Storage)]セクションにある[NASからNAS(NAS to NAS)]または[バックアップのスケジュール設定(Schedule Backup)]をクリックします。
    [NASからNAS(NAS to NAS)]は、選択されたフォルダのバックアップを1回実行する手動バックアップです。
    [バックアップのスケジュール設定(Schedule Backup)]は次の指示のように使用されます。
  7. [バックアップのスケジュール設定(Schedule Backup)]をクリックします。
  8. [ネットワーク・バックアップ(Network Backup)]を選択します。
  9. [保存元フォルダの選択]からバックアップするフォルダを選択します。
    注:複数のフォルダを選択するには、1つのフォルダを選択してから[追加(ADD)]をクリックし、別のフォルダを選択して[追加(ADD)]をクリックするなどをします。
  10. この例では、「Claudia 」というフォルダを1つ選択し、[追加(ADD)]をクリックします。
  11. [バックアップの説明(Backup Description)]を入力してください。 
    例: 「Claudia to BA-FEFd1C」とは、選択されたフォルダの名前およびBlackArmor保存先の名前になります。
  12. [バックアップの頻度(Backup Frequency)]には、[毎日(Daily)]または曜日を選択します。
  13. [バックアップの時間(Backup Time)]を設定します(24時間表示)。
  14. [IPアドレスの検出(Detect IP Address)]ボタンをクリックします。
  15. [バックアップ・サーバの選択(Backup server select)]ドロップダウンをクリックして、表示されたBlackArmor 名をクリックします。
    [IPアドレス(IPアドレス)]フィールドおよび[対象サーバ名(Target Server Name)]フィールドに入力されます。
  16. [エイリアス名(Alias name)]フィールドに作成したエイリアスを入力します。
    注:エイリアスは、[エイリアス名(Alias name)]ドロップダウンを使用して選択できる場合があります。
  17. 保存先BlackArmorの[マネージャ(Manager)]ページでメモした[認証名(Auth name)]および[認証パスワード(Auth password)]を入力します。
  18. [テスト接続(Test Connection)]ボタンをクリックします。
    通常はポップアップに、[接続テストおよびログインテストが完了しました。(Connection and login test OK)]という報告が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
  19. [スケジュール設定(Schedule)] ボタンをクリックします。
    注:スケジュール設定されたバックアップの時間は、使用されているコンピュータの時計ではなく、BlackArmorの時計の設定を基に開始します。

NASからNASバックアップから復元する方法

  1. BlackArmor ディスカバリを開きます。
  2. [バックアップ保存元(backup source)] にBlackArmorを選択し、 [ドライブの詳細を表示(View Drive Details)]ボタンをクリックします。
  3. [管理 (Manage)] ボタンをクリックします。
  4. ブラウザが開きます。「管理者」としてログインします。
    [マネージャ(Manager)]ページを開く他にも、ブラウザを開くオプションもあります。
    [アドレス(Address)]フィールドに、「//BAのIPアドレスまたは名前」と入力して、[Enter]キーを押します。
  5. [ストレージ(Storage)]にマウスオーバーし、ドロップダウン・メニューから[バックアップ・マネージャ(Backup Manager)]を選択します。
  6. ページの左側にある[復元(Restore)]をクリックします。
  7. [実行されたスケジュール(Executed Schedule)リストにある[手動復元(Restore manually)]で、このフィールドからバックアップを選択します。
    バックアップの例として、「Network200905111645285」では最終的にバックアップした日時である2009/05/11 16:45を示します。
    別のバックアップ例では、「Claudia to BA-FEFD1C」などと表示されることもあります。  Claudiaがプライベートの共有フォルダ(バックアップ保存元)で、BA-FEFd1CがBlackArmorの保存先の名前です。
  8. 次に、[保存先の復元(Restore destination)]フィールドから保存先フォルダを選択します。
  9. [今すぐ復元する(Restore Now)] ボタンをクリックします。
    このボタンの下に、完了した割合が表示されます。
  10. 左側にある[タスク・モニター(Task Monitor)]をクリックします。 
    復元の進行中は、リンクの反応が遅くなります。
  11. [タスク・モニター(Task Monitor)]ページの一覧に、タスクが表示されます。  タスクをクリックして選択すると、次のようなその他の状態が表示されます。
    復元が完了すると、[タスク・スケジュール(Task Schedule)]フィールドに、[実行中のタスクがありません(No tasks running)]と表示されます。