この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

ATA ハード ディスク ドライブのバッファ/キャッシュ サイズの検出

ATA ディスク ドライブは、T13 委員会という産業共同体が作成した工業規格によって定義されています。この規格文書は、ドライブ メーカーやシステム/チップセット メーカー、ホスト アダプタ メーカー、オペレーティング システム メーカー、ソフトウェア プログラマーなどの間での互換性を保証するためにコンピュータ業界で使用されます。SATA および SCSI、USB、1394 にも、同様の規格およびグループが存在します。
現行の規格は ATA-8 で、最初の規格である ATA-1 (1991 年) によって、Identify Device (デバイス識別) コマンドを含む (ESDI インタフェースをベースにした) 最初のコマンドが定義されました。ATA 規格の Identify Device (デバイス識別) コマンド (ECh) は、ディスク ドライブに関する 512 バイトのバイナリ情報を返します。この情報には、モデル番号やシリアル番号、容量などが含まれます。また、診断をサポートする機能や特定の速度で実行する能力なども含まれます。たとえば、コンピュータの起動時に Identify Device (デバイス識別) コマンドが発行され、ドライブのサイズが自動検出されます。
ATA-1 (1991 年) の Identify Device (デバイス識別) コマンドで取得される Word 21 は、次のように定義されていました。
「Buffer size in 512 byte increments (0000h=not specified)」(バッファ サイズは 512 バイト インクリメント (0000h=指定なし))
ATA-3 (1997 年) の Word 21 では、「Obsolete」 (サポート外) に変更されました。
ATA-8 (2006 年) の Word 21 では、「Retired」 (廃止) と定義されています。
多くのドライブ メーカーは、ATA-3 規格が変更され必要がないにかかわらず、バッファ サイズを示す手段として今も Word 21 の使用を継続しています。数年にわたり、多くのハード ドライブ診断ツールおよびベンチマーク ユーティリティは、Word 21 のデータを前提に作成されていました。たとえば、Word 21 が 8000h になっていた場合、16MB のキャッシュ サイズと同等であると見なされていました (8000h = 32,768 x 512 = 16,777,216 バイト)。
Seagate では、ドライブのバッファ サイズを確認するための診断ソフトウェアは一切提供していません。バッファ サイズを含む、すべての Seagate ドライブ モデルの仕様は、本 Web サイトの Support Find (サポート検索) ツールによって確認できます。
多くの場合、モデル番号からバッファ サイズを推定することができます。詳細は、Seagate モデル番号の読み取り方を参照してください。

キャッシュ サイズが 0MB と表示される理由
ハード ドライブ ベンチマークまたは診断ソフトウェアによってバッファ サイズが 0MB と表示された場合、そのドライブのキャッシュ サイズは実際には 32MB である可能性があります。これを確認するには、そのドライブの公表仕様 (弊社 Web サイトのドキュメント・ライブラリ) をご覧ください。Word 21 に保存できる最大値は、FFFFh です。32MB のバッファを備えた最近のディスク ドライブでは、バッファ サイズを表すために、1 バイト分追加して 10000h とする必要があります。10000h (Word 21) の最初の 2 バイトは、0000h またはゼロです。
Identify Device (デバイス識別) コマンドによって取得される任意の値または情報は、メーカーが提供する単なるデータであることを理解しておくことが重要です。言い換えれば、8MB のバッファが取得された場合、それはドライブの設計者が提供した読み取りデータに過ぎません。実際にメモリ チップを自動検出したわけではありません。ドライブのバッファ サイズが 0MB と表示された場合、それはサイズを自動検出したのではなく、単に Word 21 に保存されているデータを読み取った結果です。
したがって、FFFFh を超えるキャッシュ サイズの表示に対応した新しい ATA 規格が T13 委員会によって採用されない限り、バッファ サイズには、公表仕様であることを示す以上の意味はありません。
特定のハード ドライブの仕様を確認する場合、弊社 Web サイトの Product Finder (製品検索) ツールの使用法を参照してください。製品マニュアルとデータシートに関する情報およびリンクが記載された製品ページが開きます。
また、Seagate ディスク ドライブ レファレンスからは、新旧すべてのモデルの仕様およびジャンパ設定をダウンロードできます。