ディスク・ドライブの音が大きいときはどうすればいいですか?


Seagateには、ほとんどのハードディスク・ドライブが起こす環境ノイズを低減できるユーティリティはありません。最新のドライブは非常に静かですが、すべてのドライブは動作中にある程度のノイズを発生します。通常ドライブ・モーターの回転スピードが速いほどノイズのピッチが高くなるため、ブーンと低い音が出る可能性が高くなります。ほとんどのドライブが大半の人に聞こえるようなノイズを出しませんが、いくつか例外があります。

また、データの読取り/書込みの際に、「カタカタ」、「カチカチ」と音を出すことも普通のことです。さらに、一部のドライブはオフライン・スキャンを実行することがあり、読取りや書込みを積極的に行っていない場合でも同様のノイズを出すことがあります。

お使いのドライブが出すノイズが気になる場合は、SeaToolsでテストを行ってください。テストが成功しなかった場合、ノイズが機械的な問題または同等の問題によるものである可能性があります。その場合Seagateでは、ドライブの交換を推奨します。

外付ドライブが「ピー」となった場合は、十分な電力が供給されていないことを示します。これまで「ピー」となったことがない場合でも、使用し続けるとより多くの電力を必要とする場合があるため、接続した際に音がする場合があります。ほとんどの場合、独立した電源アダプターのないUSB電源タイプのドライブで音がなります。

  • ドライブが検出されない場合も、検出されるように弊社の外付ドライブのトラブルシューターの1つを使用してください。
  • 接続されている場合はUSBハブからドライブを取り外します。ドライブを直接USBポートに接続します。
  • お使いのコンピュータの別のUSBポートにドライブを接続してください。別のUSBポートにつなぐと「ピー」と音がしないかもしれません。
  • デスクトップ・コンピュータを使用している場合は、コンピュータ背面のUSBポートにドライブを接続します。
  • お使いのUSBケーブルを、新しいケーブルまたは問題がないとわかっているケーブルと交換します。
  • 一部のUSB専用ドライブは文書ID:205479に記載されるような「Yケーブル」で接続されます。最大電力を供給するために、Yケーブルの両方のプラグを使用してドライブを接続します。
  • GoFlexドライブにeSATA接続を使用しようとしている場合は、電源供給機能付きeSATAポートであることを確認します。詳細については、ドキュメントID:214371を参照してください。
  • まだ「ピー」となる場合は、ドライブを別のコンピュータに接続して音がなるか確認してください。別のコンピュータでドライブが正常に機能する場合、元のマシンがドライブの動作に十分な電力を供給できていません。電源供給機能付きUSBハブで問題が解消する場合があります。

お使いのドライブ周辺から出ていたノイズが最近変化した、または異常に擦れるような音やカチャカチャとなるような音の場合、内蔵ドライブまたは外付ドライブの物理的な問題である可能性があります。
内蔵ドライブに関する具体的な情報:

  • コンピュータの電源供給装置の冷却ファンからのノイズをハードディスク・ドライブのノイズと間違える場合がよくあります。ノイズがドライブから出ているのか、またはファンの1つから出ているのかを区別するために、SeaToolsで「スピン・ダウン」のコマンドを発行することができます。ノイズ・レベルの変化を聞き取れるように、音に関するスピン・ダウン・テストを使用して、内蔵ドライブの回転スピードを一時的に低下させます。手順はドキュメントID:201271を参照してください。ノイズがなくなったら、そのノイズはドライブが原因であったことになります。ノイズがなくならない場合、そのノイズはドライブが原因ではありません。
  • 内蔵ハードディスク・ドライブがSeaToolsの診断テストに合格した場合は、お使いのドライブのファームウェア・アップデートを確認してください。手順はSeaToolsのマニュアルを参照してください。

ドライブのノイズが許容範囲を超える場合、または検出できない問題が継続して伴い、弊社のトラブルシューターでも解決できない場合は、ドライブを交換する必要があります。
お使いのドライブの保証状況を確認するには、弊社の保証の確認ページをご覧ください。