この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

DiamondMax 10 SATA II - CHS およびインストール・ガイド

この FAQ は、次のモデル番号の Maxtor DiamondMax 10 に対応します。
6B080M0、6B120M0、6B160M0、6B200M0、6B250S0、6B300S0、6V080E0、6V160E0、6V200E0、6V250F0、6V300F0

主な機能:
  • SATA II インタフェース
  • 8MB または 16MB のキャッシュ・バッファ
  • NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)
  • バス・スピード最大 150MB/秒のバースト・データ転送(SATA)
  • 7200RPM
  • 9.3 ミリ秒の平均シーク時間
  • 静音操作を実現する流体ベアリング・モータ
  • 最大 300.0GB の大容量

SATA インストール・ガイド

イメージ
モデル(型)シリンダ数最大シリンダ数ヘッド数セクタ数容量
6B080M0158,81616,383166380GB
6B120M0238,21616,3831663120GB
6B160M0317,63216,3831663160GB
6B200M0395,13616,3831663200GB
6B250S0486,34416,3831663250GB
6B300S0588,42216,3831663300GB
モデル番号に含まれる「M」は、8MB のバッファを示します。
「S」は、16MB のバッファを示します。
SATA = Serial ATA

注意: パラレル ATA ドライブと異なり、シリアル ATA ドライブでは、ドライブを設定するためにジャンパを使用する必要はありません。Maxtor インストール・ガイドの、ジャンパ設定ならびにマスタ、スレーブ、およびケーブル選択の設定についての説明は対象外となります。

SATA インタフェースのケーブル要件:長さが 1 メートル以内の、7 ピン・シリアル ATA インタフェース・ケーブル(Gen. 1 または Gen. 2 対応)。