空の SATA ハード ドライブに Windows 7 または Vista をインストールする

 

  1. Windows 7 または Vista の CD/DVD を CD/DVD ドライブに挿入します。
  2. コンピュータの電源を切ります。
  3. シリアル ATA ハード ドライブをマウントおよび接続します。
    Flash によるインタラクティブな図解説明は、AnswerID: 201717 をご覧ください (注: この flash ガイドは Vista または 7 には適していません)。
  4. コンピュータの電源スイッチをオンにします。
  5. 言語と地域を選択し、Vista をインストールします。
  6. プロンプトが表示されたら、必要に応じてシリアル ATA コントローラ/マザーボード ドライバを挿入します。これは、CD ドライブ、DVD ドライブ、USB ドライブ、フロッピー ディスクのいずれかで実行します。
  7. ドライバがロードされたら、通常の Windows Vista のインストールを行います。

 

Windows XP/2000 インストールの基本

Windows XP/2000 をシリアル ATA ハード ドライブに新しくインストールするには、下記の手順に従ってください。空の SATA ハード ドライブに Windows XP/2000 をインストールする

  1. Windows XP/2000 の CD/DVD を CD/DVD ドライブに挿入します。
  2. コンピュータの電源を切ります。
  3. シリアル ATA ハード ドライブをマウントおよび接続します。
    Flash によるインタラクティブな図解説明は、AnswerID: 201717 をご覧ください。
  4. コンピュータの電源スイッチをオンにします。
  5. アドイン SATA コントローラ カードの種類によっては、Windows の設定画面の起動時に F6 キーを押すよう求められる場合もあります。

    F6 キーを押すよう求めるメッセージは標準インストール中に画面の一番下にわずか数秒間しか表示されないため、見逃してしまう場合があります。このメッセージを見逃した場合、設定手順の途中で「Setup could not find any drives installed on your computer, and it could not continue」というメッセージを示す画面 (下記のサンプルを参照) が表示されます。
    (クリックして拡大)
    Image
  1. F6 ボタンを押すには設定手順を最初からやり直し、[Welcome to Setup] 画面で Enter キーを押した後、画面の下部分に注目してください。ファイルがロードされるまで数秒間待つと、「Press F6 if you need to install a 3rd party SCSI or RAID driver」というメッセージが表示されます。このメッセージは数秒間のみしか表示されないため、メッセージが確認でき次第すぐに F6 ボタンを押してください。
    (クリックして拡大)
    Image
     
  2. F6 キーを押すと別のメッセージが表示されます。画面上は何も動作していないように見えますが、しばらく待つとドライバをアドイン SATA コントローラにインストールするための画面 (以下のサンプルを参照) が表示されます。
    (クリックして拡大)
    Image
     
  3. S ボタンを押すとドライバのインストール手順が続行されます。フロッピー ディスクをご用意ください。ドライバのインストール手順が終了するまで指示に従います。
    (クリックして拡大)
    Image
     
  4. アドイン シリアル ATA コントローラ用のドライバの入ったフロッピー ディスクを挿入します。
  5. ドライバがロードされたら、通常の Windows XP/2000 のインストールを行います。

 

シリアル ATA マザーボード ドライバのロード中またはロード後にドライブが検出されない場合は、シリアル ATA のトラブルシューティングで問題を解決してください。

その他の注意点:

ドライバのインストール用フロッピー ディスク
新たなインストール中にハード ドライブが検出されるためには、インストールの開始段階でアドイン SATA コントローラ/マザーボードがロードされている必要があります。
コントローラ/マザーボード用のドライバは、同梱の CD に含まれているか、またはメーカーのウェブサイトから入手できます。必要なドライバをフロッピー ディスクにロードしてからインストールを開始してください。

SATA ドライバはどこで入手できますか。
最も一般的な SATA コントローラ メーカーのリストは次のとおりです。

http://support.seagate.com/kbimg/disclaimer.gif本メッセージ内で言及されたベンダーはすべて Seagate Technology から独立しており、明示または黙示を問わず Seagate はこれらの会社または製品の性能または信頼性を保証するものではありません。この情報は、お客様のみに対し現状有姿で提供されるものです。製品仕様書および保証に関する情報を取得する際は、それぞれのベンダーに直接お問い合わせください。

オンボード シリアル ATA マザーボード

シリアル ATA PCI コントローラ

詳細情報
シリアル ATA コネクタが組み込まれたマザーボードの中には、BIOS での調整オプションやオン/オフのアクティブ化オプションを提供するものもあります。  通常、ドライブを追加する場合は BIOS での設定は行わないようにしてください。  SATA ドライブが認識されない場合は、BIOS オプションを IDE 互換モードに変更すると別途 SATA ドライバは不要となります。

ブート ドライブを交換するには、BIOS 内で「ブート オーダー」をシリアル ATA コントローラからブートに変更しなくてはならない場合もあります (ブート オーダーはドライバのモデル番号順または SCSI 順に表示されています)。シリアル ATA コネクタ組み込み型のマザーボードをご使用の場合は、マザーボードのインストール時に専用ドライバのインストールを求めるメッセージが表示されます。マザーボードのインストール時に専用ドライバをインストールしなかった場合は、「プラグ アンド プレイ」のプロセス中にドライバを提供する OS によりメッセージが表示されます。シリアル ATA コントローラ メーカーのウェブサイトから最新のドライバを入手することをお薦めします。

詳細については Answer ID: 202291 も併せてご覧ください。

http://support.seagate.com/kbimg/disclaimer.gifサード パーティおよびサード パーティの Web サイトの参照Seagate は、サード パーティおよびサード パーティの Web サイトを情報提供のみの目的で引用しており、上記で引用した如何なる会社であれ明示または黙示を問わず承認または推奨しているものではありません。Seagate は明示または黙示を問わずこれらの会社または製品の性能または信頼性を保証するものではありません。ここに引用している会社は Seagate ととは無関係で Seagate の管理下にあるものではありません。そのため Seagate はここに引用した会社からの訴訟及びその製品の如何なる責任を負うものではなくまたその権利を放棄します。お客様がどのような会社と取引を行うにしてもその判断はお客様ご自身の責任によるものとします。製品仕様書および保証に関する情報を取得する際は、それぞれのベンダーに直接お問い合わせください。本書に引用したリンクを使用してサード パーティの Web サイトに接続できますが、その接続に関し Seagate は責任を負うものではありません。これらのリンクはお客様の便宜のためにのみ提供しているものでその使用はお客様ご自身の責任に帰すものとします。Seagate はこれらの Web サイトの内容に関しそれらを提供しているものでもありません。Seagate それらの Web サイトの内容、およびその使用に関しその責任の保証あるいは承諾するものではありません。





この記事の有用性を評価してください。