この記事は情報提供のみを目的としており、Seagateによる更新の予定はありません。

DiamondMax Plus 9 Ultra DMA 133 – ジャンパ、CHS、インストール ガイド

この FAQ は、モデル番号 6Y060L0、6Y080L0、6Y080P0、6Y120L0、6Y120P0、6Y160L0、6Y160P0、6Y200L0、6Y200P0、6Y250L0、6Y250P0 の Maxtor DiamondMax Plus 9 に対応します。
主な機能:

  • 高速 ATA/エンハンスト IDE との互換性
  • 最大 133 MB/秒の Ultra ATA データ転送速度
  • 2MB および 8MB のキャッシュ バッファ
  • Quiet Drive Technology (ドライブ静音化技術)
  • 流体ベアリング モータを使用
  • Shock Protection System (耐衝撃保護システム)
  • Data Protection System (データ保護システム)
  • 7200RPM

詳細な手順については、インストール ガイド (PDF 形式) を参照してください。

Image

マスタ、スレーブ、ケーブル選択 どのジャンパ設定を使用すればよいですか?

マスタ/スレーブ
ほとんどの条件下では、標準のマスタ/スレーブ設定を使用します。Seagate および Seagate の ATA ドライブは、工場出荷時にマスタ デバイスとして設定されています。リボン ケーブルに接続する単一のドライブとしてインストールする場合、またはブート ドライブとしてインストールする場合は、デフォルトのマスタ設定を使用して問題ありません。ただし、マスタ デバイスは、Ultra ATA (UDMA) リボン ケーブル (製品に同梱されています) のエンド コネクタ (黒色) に取り付けてください。

セカンダリ デバイスとしてインストールする場合は、ジャンパの説明図にあるスレーブ設定を使用します。スレーブ デバイスは、リボン ケーブルの真ん中のコネクタ (灰色) に取り付けてください。

注:ハード ドライブは、CD-ROM/DVD ドライブのスレーブ デバイスとしては設定しないでください。

ケーブルセレクト
ケーブルセレクト (CS) は、ATA/ATAPI デバイス設定の代替手段 (プラグ アンド プレイ) です。この設定では、マスタ ドライブとスレーブ ドライブで同一のジャンパ設定が使用されます (つまり、両方のデバイスがケーブルセレクトに設定されます)。ドライブのステータスがマスタかスレーブかは、ドライブをケーブルに取り付けるコネクタ (マスタは黒色、スレーブは灰色のコネクタを使用します) によって決定されます。CD-ROM ドライブや DVD ドライブなどの多くの ATAPI デバイス、または他のメーカー製 ATA ハード ドライブは、ケーブル選択として事前設定されている場合があります。ケーブルセレクトがデフォルト設定となっている既存の ATAPI デバイスまたは ATA デバイスに新しく ATA ドライブをインストールする際は、このオプションを検討するようにしてください。

注:このオプションを使用するには、製品に同梱されている Ultra ATA リボン ケーブルを使用する必要があります。

Seagate では、ハード ドライブの設定時に BIOS の自動検出機能を使用することを推奨します。
BIOS に自動検出機能がない場合は、以下を実行してください。

  • 8.4 GB より大きい場合、ハード ドライブの最大シリンダ数を手動で入力する。
  • 8.4 GB より小さい場合、ハード ドライブの実際のシリンダ数を手動で入力する。

モデル(型)

シリンダ数

最大シリンダ数

ヘッド数

セクタ数

GB 容量

6Y200L0 / 6Y200P0

395,136

16,383

16

63

200GB

6Y160L0 / 6Y160P0

317,638

16,383

16

63

160GB

6Y120L0 / 6Y120P0

238,216

16,383

16

63

120GB

6Y080L0 / 6Y080P0

158,816

16,383

16

63

80GB

6Y060L0

119,150

16,383

16

63

60GB

* モデル番号に含まれる「L」という文字は 2MB バッファを備えたドライブ を、「P」という文字は 8MB バッファを備えたドライブであることを意味します。
システムの BIOS に入力するシリンダ数は、絶対に 16,383 を超えないようにしてください。
データが損失する可能性があります。

BIOS 制限に関する補足説明

2 進法および 10 進法による計算に関する情報
ケーブル要件:UDMA/66/100 ハード ドライブには 80 ワイヤ UDMA インタフェース ケーブルが必要です。UDMA/33 ハード ドライブにもこのケーブルを使用することをお勧めします。
注:DiamondMax Plus 60 シリーズのリリースに伴い、モデル番号の命名規則が変更されました。この命名規則は今後のハード ドライブ製品にも適用されます。たとえば、モデル番号 5T060H6 は 60 ギガバイトのハード ドライブを意味します。詳細については、Seagate の Web サイトを参照してください。

* 1GB = 10 億バイト。アクセス可能な合計容量は、動作環境により異なります。