タイトル:Seagate Expansionドライブの使用方法

Seagate Expansionにはバックアップ・ソフトウェアは付属しておらず、Windows向けにフォーマットされています。Windowsベースのコンピュータでは、ドライブを機能させるために特に何かをする必要はありません。電源とUSBケーブルを差し込むだけで、ドライブが(マイ)コンピュータ/PC、およびWindowsエクスプローラー/ファイル・エクスプローラーに表示されます。 

Macの場合、ドライブを使用する前に再フォーマットする必要があります。これは、ドライブがMacでは読み取り専用となるため、データをドライブにコピー/移動することができないためです。詳しくは、Macのセクションをご参照ください。 

Windowsでドライブを使用する:

データを手動で移動させる場合は、次のオプションを使用できます:
  1. ドラッグ & ドロップ
  2. コピー & ペースト
自動でバックアップする場合は、Windows内蔵のユーティリティを使用します。次のリンクをご参照ください:

Windows 7の場合:
バックアップの設定方法
バックアップからの復元方法

Windows 8/8.1の場合:
バックアップの設定方法
バックアップからの復元方法

Windows 10の場合:
ファイルのバックアップと復元方法

Windowsでデータを手動でドライブに移動する方法:

ドラッグ & ドロップ

ここでは、[(マイ)ドキュメント] フォルダのデータを外付ドライブにドラッグする手順について説明します。この操作は、1つのファイルでも、多数のファイルでも、1つのフォルダでも、多数のフォルダでも行うことができます。
  1. まず [(My) Computer/This PC((マイ)コンピュータ/PC)] をダブルクリックして、1つのウィンドウを開きます。
  2. 開いたウィンドウの右上端にこのアイコン(画像)があれば、これをクリックします。
    このアイコン 画像] に変更されます
  3. これでサイズを変更できます。マウスをウィンドウの端へ移動します。
  4. ウィンドウの端でマウスのボタンをクリックし押し下げます。
  5. ボタンを押し下げたままマウスを移動すると、マウスと一緒にウィンドウの端が移動します。画面の一部となるようサイズ変更します。
  6. (マイ)コンピュータ/PCでSeagate Expansionドライブを探します。ドライブレターは、「E:」または「F:」のようになります(変更していない場合)。ダブルクリックして [(マイ)ドキュメント] を開きます。
  7. 同じようにウィンドウのサイズを変更し、各ウィンドウが画面の一部となるようにします。
  8. これで2つのウィンドウができました。1つはコピー元で、1つはコピー先です。
    (クリックして画像を拡大)
    画像
  9. 移動したいドキュメントの上で、クリックしてマウス・ボタンを押し下げます。これでハイライトされ、「ゴースト」イメージがマウス・ボタンと一緒に移動します。
  10. マウスをドラッグし、「ゴースト」イメージを外付ドライブを表すアイコンの上にくるようマウスオーバーします(この例ではV: ドライブ)。
    (クリックして画像を拡大)
    画像
  11. マウスボタンから手を放すと、ファイルは自動的に外付ドライブにコピーされます。
  12. 外付ドライブレターをダブルクリックします。 
  13. 外付ドライブの内容がウィンドウに表示されます。 
    (クリックして画像を拡大)
    画像
  14. これで作業は終わりです。これは「ドラック & ドロップ」と言われる操作です。

コピー & ペースト
  1. ダブルクリックして、コピーするファイルを移動させる場所を開きます。たとえば、[(マイ)ドキュメント] とします。
  2. コピーしたいファイルまたはフォルダを探し、その上で右クリックします。
  3. ドロップダウン・メニューが表示されます。[Copy(コピー)] を選択します。
    (クリックして画像を拡大)
    画像
  4. ファイルまたはフォルダがコピーされ、コンピュータの短期メモリに保存されます。 
  5. ダブルクリックして(マイ)コンピュータ/PCを開きます。
  6. (マイ)コンピュータ/PCでSeagate Expansionドライブを探します。ドライブレターは、「E:」または「F:」のようになります(変更していない場合)。外付ドライブをダブルクリックします。 
  7. ウィンドウの表示が外付ドライブの内容の表示に変更されます。
  8. ウィンドウのトップバーで、[Edit(編集)] を選択します。 
    または、ウィンドウ内の何もないところで右クリックをすると、ドロップダウン・メニューが表示されます。
  9. [Paste(貼り付け)] を選択します。 
    (クリックして画像を拡大)
    画像
  10. ファイルまたはフォルダがウィンドウ内に表示されます。コピーされています。 
  11. これで作業は終わりです。これは「コピー & ペースト」と言われる操作です。
     
Macでドライブを使用する:

Macの場合、ドライブを使用する前に再フォーマットする必要があります。再フォーマットが完了したらドライブが検出され、手動でファイルをドライブに移動したり、Time Machineの自動バックアップを設定することができます。

フォーマットの手順:
Mac OS 10.11でのフォーマット
Mac OS 10.6~10.10でのフォーマット

Time Machineを使用した自動バックアップ:
Time Machineを使用したバックアップと復元

Macでデータを手動でドライブに移動する方法:

Expansionドライブにファイルを移動する方法は多数あります。例えば、ファイルメニュー/コピーからコピー & ペーストを選択する方法、メニューを右クリックしてコピーして貼り付けを選択する方法、ドラッグ & ドロップする方法、キーボード・コマンドを使用する方法などがあります。どの方法を使用しても、すべてMac OSで制御されます。Macintoshコンピュータの説明書でさまざまなコピー & ペーストの方法を確認するか、以下の手順を参照してください。

カット & ペースト:ボリューム内でファイル/フォルダをある場所から別の場所へ移動させる。
コピー & ペースト:コンピュータ・プログラム内のファイル/フォルダを複製(コピー)し、別の場所(フォルダ、ディレクトリ、ボリュームなど)に追加する。

カット & ペーストの手順:

  1. ファイル/フォルダが保存されている場所と、そのファイル/フォルダをコピーしたい場所を開きます。
  2. 切り取る項目を選択します。
  3. その上で右クリック(Controlキーを押しながらクリック)するか、画面上部のメニューバーの [Edit(編集)] をクリックします。
  4. メニューから [Cut(切り取り)] を選択します。
  5. ファイルを保存したい場所の中で右クリック(Controlキーを押しながらクリック)するか、画面上部のメニューバーの [Edit(編集)] をクリックします。
  6. メニューから [Paste(貼り付け)] を選択します。
     
より素早くカット & ペーストする方法:
  1. 切り取る項目を選択します。
  2. Commandキー (⌘) を押しながら (X) を押します。
  3. ファイルを保存したい場所の中でCommandキー (⌘) を押しながら (V) を押します。
コピー & ペーストの手順:
  1. ファイル/フォルダが保存されている場所と、そのファイル/フォルダをコピーしたい場所を開きます。
  2. コピーする項目を選択します。
  3. その上で右クリック(Controlキーを押しながらクリック)するか、画面上部のメニューバーの [Edit(編集)] をクリックします。
  4. メニューから [Copy(コピー)] を選択します。
  5. ファイルを保存したい場所の中で右クリック(Controlキーを押しながらクリック)するか、画面上部のメニューバーの [Edit(編集)] をクリックします。
  6. メニューから [Paste(貼り付け)] を選択します。
     
より素早くコピー & ペーストする方法:
  1. コピーする項目を選択します。
  2. Commandキー (⌘) を押しながら (C) を押します。
  3. ファイルを保存したい場所の中でCommandキー (⌘) を押しながら (V) を押します。




この記事の有用性を評価してください。