NAS OS 4.1.x - Sdriveとリモート・アクセスの移行

NAS OS 4.1にアップデート後、Sdriveを再度使用するために何をする必要がありますか?

  1. 現行のSdriveクライアントをWindowsまたはMacコンピュータからアンインストールします。
  2. WindowsまたはMac向けの新規Sdriveクライアント (2.4.x) をダウンロードしてインストールします。
  3. Sdriveを起動して、Seagate Accessアカウントを作成します。

    注:すでにSeagate Personal Cloudをお持ちで、Seagate Accessアカウントを作成済みの場合は、同じアカウントをここでも使用できます。

    アカウントが作成されると、使用したアドレスにSdriveから確認メールが送信されます。コードをコピーしてSdriveに張り付けると、確認が行われ、アカウントの作成が終了します。

  4. 既存のローカルNAS OS 4.1アカウントにSeagate Accessアカウントをリンクします。
  • NAS OS 4.1にサインインします
  • [Device Manager (デバイス・マネージャ)] に進みます
  • 左のメニューから [Users (ユーザ)] を開きます
  • リストから自分の [Login (ログイン)] 情報を探し、「Seagate Access」列の領域をクリックします

                   

  • Seagate Accessアカウントでサインインします

Seagate AccessアカウントがNAS OS 4.1のログイン情報にリンクされると、Seagate Access認証情報でSdriveクライアントにサインインしてご利用いただけます。

現行のSdriveアカウント(Sdrive 1.xで作成されたもの)はこのSdriveの新しいバージョン (2.4.x) で使えますか?
NAS OS 4.1はSdrive 2.4.xにのみ対応しており、Sdriveの以前のバージョン (1.x) はサポートしていません。そのため、新たにSeagate Accessアカウントを作成していただき、NAS OS 4.1を実行しているNASデバイスと関連付けていただく必要があります。  注:すでにSeagate Personal Cloudをお持ちで、Seagate Accessアカウントを作成済みの場合は、同じアカウントをここでも使用できます。

現行のSdriveモバイル・アプリは、新しいSeagate AccessサービスやNAS OS 4.1で使えますか?
いいえ、ご利用いただけません。Sdriveモバイル・アプリはアプリ・ストアで現在取り扱っておりませんが、すでにモバイル・デバイスにインストールされているものはNAS OS 4.0で動作します。
iOSおよびAndroid向けに一新されたSdriveモバイル・アプリが、2015年秋にリリースされる予定です。
それまでは、Seagate MyNASサービスや、iOSおよびAndroidと互換性のあるSeagate MyNASモバイル・アプリをご利用いただけます。MyNASを設定するには、NAS OS 4ユーザ・マニュアルのMyNASのセクションをご参照ください。

データは旧Sdriveに保存されたままになるのですか?
Seagateがユーザのデータを保存することはありません。ユーザのデータはお使いのデバイスにのみ保存されます。

新しいSdriveに対応するのはどのオペレーティング・システムですか?

  • Windows:7(32/64ビット)– 8(32/64ビット)– 8.1(32/64ビット)
  • Mac:OSX 10.8 - 10.9 - 10.10です。

 
Seagate Accessと新しいSdrive (2.4.x) に対応するのはどのNASデバイスですか?
Seagate AccessとSdrive 2.4.xは、NAS OS 4.1.xを実行しているSeagateおよびLaCieのNASデバイスに対応しています。

NAS OS 4.1へのアップデートの準備ができていない場合はどうすればよいですか?
Sdrive 1.xは2015年12月までご利用いただけます。てきるだけ速やかにSeagate Accessアカウントを作成し、NAS OS 4.1でSdrive 2.4.xをご利用になられることをお勧めします。





この記事の有用性を評価してください。