Seagate USB外付ドライブ診断


Dashboard診断
SeaTools診断
Windows OS診断ツール
Mac OS診断ツール


Dashboard診断


ドライブを、ドッキング・ステーションやハブではなく、USBポートを使って直接コンピュータに接続します。


1.) デスクトップにあるSeagate DashboardアイコンをダブルクリックしてSeagate Dashboardを開きます。
 
MacOSの場合は、このアイコンは [Applications(アプリケーション)] フォルダにあります。

2.) Seagate Dashboardの左側で、テストするドライブをクリックします。

3.) [Manage(管理)] タブをクリックします。

4.) [Test(テスト)] ボタンをクリックします。

注:外付ハードディスク・ドライブをより詳細にテストするには、Windows版SeaToolsの使用を推奨します。Seagate Dashboardの合格/不合格メッセージは、ハードディスク・ドライブ交換の正当な理由とならない別の問題を示すものです。Dashboard診断テストの結果が「不合格」の場合には、ハードディスク・ドライブを交換する前にSeaTools診断プログラムを使ってハードディスク・ドライブをテストすることをお勧めします。



このページの先頭へ


SeaTools診断


1.) ハードディスク・ドライブの診断を実行する前には、できるだけドライブをSeaToolsに集中させるため、他のすべてのアプリケーションを終了させてください。

2.) コンピュータの電源を完全にオンにします。非常に時間のかかるテストを実行している場合は、電源管理コントロールを一時的に停止する必要があります。コンピュータが壁コンセントから電源供給されていることを確認します。
 

● Windowsデスクトップの左下端にあるスタートボタンまたはWindowsアイコンをクリックします。

● [コントロール・パネル] を選択します。

● [電源オプション] を選択します。

● [計画設定の変更] を選択します。

● [高度な電源設定の変更] を選択します。

● このウィンドウでハードディスクを拡大します。

● [後でハードディスクの電源を切る] を [なし] に設定して、Windows版SeaToolsテストを行ってください。

3.) テスト対象のドライブを選択します。Seagate、Samsung、LaCieおよびMaxtorドライブ・モデルはすべて対応ドライブです。テスト対象のドライブを除くすべてのハードディスク・ドライブを安全に取り外します。

4.) 実行するテストを選択します。実行可能な診断テストのメニューが表示されます。実行したいテストを選択します。「修正」するオプションが付いたテストを実行する前に、すべてのデータをバックアップしてください。テストは即時に実行されます。テストには以下が含まれます:
 

● Fix All(すべてを修正)

● S.M.A.R.T. check(S.M.A.R.T.チェック)

● Short Drive Self Test(短時間ドライブ自己テスト)

● Short Generic(ショート・リード・テスト)

● Long Generic(ロング・リード・テスト)(1%ずつ進行、完了までに数時間かかる)

5.) 診断テストの実行後、テストした各ドライブのログはプログラム・インストール・フォルダに保存されます。ログを読むには、[ヘルプ] > [ログ・ファイルの表示] をクリックします。テストを [ヘルプ] オプションの隣で実行する場合、テスト結果によって [パス情報] または [不合格情報] のいずれかをクリックしても、テスト結果のログを表示できます。次に、3つのタブ [パス情報]、[保証チェッカー] および [ログ・ファイルの表示] が表示されます。


このページの先頭へ

Windows OS診断


Windowsオペレーティング・システムにはハードディスク・ドライブのテスト用に優れたツールが含まれています。このプログラムはチェック・ディスク (ChkDsk) と呼ばれるものです。


ハードディスク・ドライブにチェック・ディスク (chkdsk) スキャンを実行する前には、必ずデータをバックアップしておきます。不良セクターがある場合、その不良セクターが再割り当てされると、chkdsk前にアクセスできていたすべてのデータにアクセスできなくなります。


1.) コマンド・プロンプトにアクセスします。
 
Windowsキーを押しながらRを押します。

2.) ボックスに「CMD」と入力します。

3.) 「chkdsk X: /f」と入力します。
 
注:「X」はドライブを表すドライブ・レターです
このコマンドを実行すると、ファイル・システム・エラーが修正されます。終了時間はドライブの容量により異なります。


このページの先頭へ


Mac OS診断


Mac OSには、ハードディスク・ドライブのテスト用に優れたツールが含まれています。このプログラムはFirst Aidと呼ばれるものです。

ハードディスク・ドライブにFirst Aidスキャンを実行する前には、必ずデータをバックアップしておきます。不良セクターがある場合、その不良セクターが再割り当てされると、「Repair Disk(ディスクの修復)」を実行する前にアクセスできていたすべてのデータにアクセスできなくなります。

1.) [Disk Utility(ディスク・ユーティリティ)] にドライブが表示されていることを確認します。
 

● デスクトップのトップ・メニュー・バーで [Go(実行)] をクリックします。

● [Utilities(ユーティリティ)] を選択します。

● [Disk Utility(ディスク・ユーティリティ)] を選択します。

2.) [Disk Utility(ディスク・ユーティリティ)] が起動すると、左側の列にドライブの一覧が表示されます。

3.) Seagate外付ドライブが、選択可能なドライブとしてこの一覧に表示されます。ドライブのアイコンをクリックしてドライブをハイライトすると、ウィンドウに、現在のドライブとファイル・システムに関する情報が表示されます。

4.) ハードディスク・ドライブ下の列(左列)の中にドライブのパーティションが表示されているにも関わらず、デスクトップにマウントされていない場合は、[Disk Utility(ディスク・ユーティリティ)]のFirst Aid機能を使って、パーティションの修復を行ってください。


First Aidを開くには:
 

● パーティションをクリックして選択します。選択を正しく行うと、パーティションが青色でハイライト表示されます(ある時点で異なる場合もあります)。

● [First Aid] タブをクリックします。

● [Verify Disk(ディスクの検証)] をクリックし、[Disk Utility(ディスク・ユーティリティ)] が「必要である」と通知した場合には、[Repair Disk(ディスクの修正)] を実行します。



このページの先頭へ



 



この記事の有用性を評価してください。