Mac OSでBackup PlusまたはGoFlexドライブを使用する方法

どのようにドライブをご使用になりたいですか?

  1. MacとPC (Windows) でドライブを使いたい
  2. Macでドライブを使いたいが、目的はストレージだけ
  3. Time Machineでコンピュータをバックアップするためにドライブを使いたい
    • 注:この設定ではSeagate Mobile Backupは使用できません

Macに関するその他の重要なトピック

  1. スリープ設定
  2. MacでUSBから起動する
  3. Time MachineおよびMobile Backup

1.) MacとWindows向けに設定する方法

ご使用のMacにドライブを接続した場合、ドライブにファイルをドラッグ・アンド・ドロップしたり、コピーしたりできない場合があり、以下の画像のようなものが表示されることがあります。これは、ドライブがWindows用にフォーマットされており、Macでは「読取り専用」となるためです。つまり、ドライブ上でファイルを見たり開いたりはできますが、変更を加えたり、新しいファイルを追加したりすることはできません。

This image is not available because: You don’t have the privileges to see it, or it has been removed from the system

これを修正するためには、Windowsの機能を制限することなく、Macでドライブに書込みを行えるようにする(変更を加えたり、ドライブに新しいファイルを追加したりする)ためのパラゴン・ドライバをインストールする必要があります。

  1. ドライブを接続します。
  2. 適切なバージョンのMac OS用パラゴン・ドライバをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  4. ソフトウェアをインストールしたら、Macが再起動されます。Macの再起動後、外付ドライブに書込むことができるようになります。
  • 注:上記の手順を行うと、ドライブでTime Machineを使えなくなります。

2.) Macストレージ専用に設定する方法(Time Machineなし、ストレージのみ)

Macストレージ専用としてドライブを設定するには、ドライブがMac OS Extended (Journaled) にフォーマットされていることを確認する必要があります。これは、HFS+とも呼ばれます。フォーマット完了後、フラッシュ・ドライブと同じように、ドライブにデータを移動させることができるようになります。iPhoto、写真、またはiTunesライブラリを移動させる場合は、Appleサポートにお問い合わせください。フォーマットの手順については、以下の記事をご覧ください。

注:ドライブをフォーマットしようとするとエラーが発生する場合は、コンピュータを再起動してもう一度お試しください。

3.) Time Machineの設定方法

Apple Time Machineは、MacOSに組み込まれている自動バックアップ・ソフトウェアです。最善の方法は、ドライブをTime Machine専用として使用し、ドライブ上に他のデータを保存しないやり方です。これ以外のサポートについては、Appleサポートにお問い合わせください。

ほとんどのドライブはWindows向けにフォーマットされていますが、Time Machineを使用するためには、ドライブがMac OS Extended (Journaled) あるいはHFS+と呼ばれるMac用のフォーマットになっている必要があります。ドライブが適切にフォーマットされていないと、バックアップが失敗し、ディスクがMac OS Extended (Journaled) ではないという内容のメッセージが表示されます。このフォーマットは必須となります。フォーマットの手順については、以下の記事をご覧ください。

Time Machineを使ったバックアップ先のドライブを選択する

  1. 画面左上のAppleシンボルをクリックし、[System Preferences(システム環境設定)] をクリックします。
This image is not available because: You don’t have the privileges to see it, or it has been removed from the system

  1. そのウィンドウでTime Machineアイコンをダブルクリックします。
This image is not available because: You don’t have the privileges to see it, or it has been removed from the system

  1. Time Machineの設定ウィンドウが開くので、[Select Backup Disk(バックアップ・ディスクの選択)] をクリックします。
This image is not available because: You don’t have the privileges to see it, or it has been removed from the system
 

  1. Time Machineバックアップに使用するドライブをクリックしたら、[Use Disk(ディスクの使用)] をクリックします。
This image is not available because: You don’t have the privileges to see it, or it has been removed from the system

  1. しばらくしたらTime Machineバックアップが開始します。

 

Time Machineのトラブルシューティング

Apple Time Machineソフトウェアに関するトラブルシューティングのオプションは非常に限られています。バックアップに失敗した場合は、以下をお試しください。

  1. ファイルまたはフォルダを外付ドライブに手動でドラッグ・アンド・ドロップまたはコピー・アンド・ペーストし、ドライブが正常に動作していることを確認します。
  2. 正常に動作している場合は、ドライブをフォーマットし、Time Machineで再設定することをお勧めします。フォーマットの手順については、以下の記事をご覧ください。
  1. それでも問題が続く場合は、Appleサポートにお問い合わせの上、Time Machineに関するサポートをご依頼ください。

Time Machineについて詳しくは、このAppleの記事をご覧ください。

4.) スリープ設定

最新のBackup PlusおよびGoFlexドライブのスリープ・タイマーは、コンピュータがドライブのスリープ時間を制御できるようデフォルトで無効化されています。Macではこの設定を調節できませんが、Windows PCにアクセスできる場合は変更することができます。使用するコンピュータの種類を問わずスリープ設定が従えるように、設定はドライブ内にあります。

Backup Plus

  1. Windows用Seagate Dashboardソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。
  2. ウィンドウの左側で調整するドライブをクリックします。
  3. [Manage(管理)] タブをクリックします。
  4. [Power(電源)] 内のドロップダウンを希望するスリープ設定に変更します。

GoFlex

  1. ドライブに付属のSeagate Dashboardソフトウェアをインストールし起動します。
  2. ドロップダウンからドライブを選択したら、[Drive Settings(ドライブ設定)] をクリックします。
  3. [Power Settings(電源設定)] を選択し、ドロップダウンを希望する設定に変更したら、[Save(保存)] をクリックします。

5.) MacでUSBから起動する

外付ドライブからコンピュータを起動することは可能ですが、Seagateはその動作をサポートしていません。

IntelベースのMacで起動可能であることが唯一確認されたテスト済みのドライブは、「Mac専用」ドライブです。そのため、オペレーティング・システムのインストール時、あるいは外付ドライブへの複製時には、「Mac専用」ドライブの使用が推奨されます。

6.) Time MachineおよびMobile Backup

MacOSバージョン10.9.5以降を使用して、ドライブをTime Machineで使用する場合、Seagate DashboardソフトウェアからSeagateドライブにMobile Backupを実行することはできません。これは、10.9.5で導入されたTime Machineのドライブ権限に関する制限によるものです。





この記事の有用性を評価してください。