Seagate WSS NAS - NFS VMware Datastoreを作成する方法

この説明はワークグループのSeagate WSS NASを基にしています。

注意: このNFS共有とVMware Datastoreの作成に使用される基本的な設定はあくまでも例であり、実際には異なる場合があります。


Windows Server WSS NASへの「NFS用サーバ」の役割の追加

 
1. [Server Manager(サーバ・マネージャ)] > [Dashboard(ダッシュボード)] を開きます。[Configure this local server(このローカル・サーバを設定する)] で [Add
Roles and Features
(役割と機能の追加)] をクリックします。

 

2. [Server Roles(サーバの役割)] が表示されるまで [Next(次へ)] をクリックします。
 

3. [File and Storage Services(ファイルとストレージのサービス)] > [File and iSCSI Services(ファイルとiSCSIのサービス)] から [Server for NFS(NFS用サー
バ)] を選択します。
[Add Roles and Features(役割と機能の追加)] ウィザードにNFS管理ツールを追加するように指示するメッセージが表示されます。[Add Features(機能を追
加)] をクリックします。
 

4. [Next(次へ)] をクリックしてNFS用サーバをインストールします。







NFS用サーバの役割をインストールしたら、次の手順に進みます。


NFS共有の作成とNFS権限の設定

 

1. サーバ・マネージャで [File and Storage Services(ファイルとストレージのサービス)] をクリックし、[Shares(共有)] を選択します。
 

2. [Task(タスク)] を選択し、[New Share(新規共有)] を選択します。
 

3. [NFS Share - Quick(NFS共有 - 高速)] を選択し、[Next(次へ)] を選択します。






 

4. [Share location(共有の場所)] を選択し、[Next(次へ)] をクリックします。

注意:C: ドライブはパーティションが60GBしかないため、共有する場所にしないでください。[Virtual Disk Volume(仮想ディスク容量)] を選択します。






 

5. 共有名を入力し、[Next(次へ)] を選択します。
 




 

6. [Share Settings(共有設定)] を設定したら [Next(次へ)] をクリックします。
 

7. 認証方法を指定し、[Next(次へ)] を選択します。






 

8. 共有権限を指定し、[Add(追加)] をクリックします。
 

9. [All Machines(すべてのマシン)]、[Allow root access(ルート・アクセスを許可)]、[Share permissions(共有権限)] には [Read/Write(読取り/書込み)] を選
択します。[Add(追加)] を選択し、[Next(次へ)] を選択します。

注意:この説明で使用される選択項目やオプションはあくまでも例です。

 

10. [Next(次へ)] をクリックします。


アクセス・コントロール権限の指定

 

1. [Customize permissions(権限のカスタマイズ)] をクリックします。
 



 

2. [Advanced Security Settings for NFS(NFSの詳細セキュリティ設定)] で [Add(追加)] をクリックします。





 

3. [Select a principal(プリンシパルの選択)] を選択します。






 

4. [Enter the object name(オブジェクト名の入力)] にEveryoneと入力して、[Check Names(名前を確認)] を選択します。Everyoneが見つかったら [OK] をク
リックします。






 

5. 基本的な権限の場合は、[Full control(フルコントロール)] ボックスを選択します。[Modify(修正)] と [Write(書き込み)] が自動的に選択されたら、[OK] をク
リックします。






 

6. [Permission(権限)] 入力フィールドに [Everyone(全員)] が [Full control(フル・コントロール)] に設定されたことが表示されます。[Apply(適用)] を選択して
[OK] をクリックします。






 

7. アクセス・コントロールの権限の場合は、[Next(次へ)] をクリックします。






 

8. [Selections(選択内容)] を確認し、[Create(作成)] をクリックします。
 




 

9. NFS共有が作成できたら [Close(閉じる)] を選択します。



vSphereクライアントを使ったVMwareの設定

 

1. ワークステーションからVMware vSphereクライアントにログインします。
 

2. [Home(ホーム)] ページで [Inventory(インベントリ)] を選択します。







NFSネットワーク・トラフィックに対する既存のvSwitchの使用

この例では、既存のvSwitchを使用します。新規vSwitch作成のヘルプは、VMwareのマニュアルをご覧ください。

 

3. 左上のVMwareサーバーのIPアドレスをクリックして、強調表示します。
 

4. 右の [Configuration(設定)] タブをクリックします。
 

5. 左側で [Networking(ネットワーキング)] を選択します。
 

6. 右上の [Refresh(更新)] と [Properties(プロパティ)] の間にある [Add Networking...(ネットワーキングの追加...)] をクリックします。







接続タイプの選択

 

5. [VMkernel] を選択してから、[Next(次へ)] をクリックします。



 

6. [Use vSwitch1(vSwitch1の使用)] を選択してから、[Next(次へ)] をクリックします。
 


 

7. [Port Group Properties(ポート・グループのプロパティ)] に次の情報を入力します。

 

8. ネットワーク・ラベル - ポートグループを説明する任意の名前を入力して [Next(次へ)] をクリックします。





 

9. [Obtain IP settings automatically(IP設定を自動的に取得)] を選択し、[Next(次へ)] をクリックします。






 

10. 詳細設定をプレビューして確認し、修正してから [Finish(完了)] をクリックします。







NFS Datastoreの作成

 

1. 左側で [VMware server IP Address(VMwareサーバのIPアドレス)] を選択します。

 

2. [Configuration(設定)]タブをクリックします。
 

3. 左側で [Storage(ストレージ)] をクリックします。
 

4. 右上の[Add Storage(ストレージの追加)]を選択します。




 

5. [Network File System(ネットワーク・ファイル・システム)を選択し、[Next(次へ)] をクリックします。






 

6. [Server(サーバ)] ウィンドウに次の情報を入力します。

 

● Seagate Business NAS IPアドレス

● フォルダ - /shares/vm (vmは共有名)NOT SURE YET************

● Datastore名 - 特定のNFSマウントに名前を入力します

 

7. [Next(次へ)] をクリックします。






 

8. サマリを確認し、[Finish(完了)]を選択します。







作成されたNFS Datastoreがマウントされます。







この記事の有用性を評価してください。