Seagate Business Rackmount - Rackmountをバックアップ先として使用し、NASからNASへのバックアップを設定する方法

Seagate Business Rackmount NASではNASからNASへのバックアップにRsyncを使用します。バックアップを最適な形で行うためには、Rsync設定をサポートする別のデバイスが必要となります。
 
RackmountRsync対応のデバイスの両方を同じネットワークに接続してから、以下の手順に従ってRackmountをバックアップ先として設定します。
 
1 - Seagate Rackmountの管理者ページにアクセスします。[Data Management(データ管理)] Backup(バックアップ)] をクリックします。右の [Network Backup] をクリックします。
 
2 - [Network Backup タブの下で Enable(有効化)] をクリックしてサービスを有効化します。パスワードを作成するようDashboardにプロンプトが表示されます。このパスワードはこのサービス固有のものであるため、管理者ページのパスワードとは異なるものを使用することをお勧めします。
 
3 - これでSeagate Rackmount NAS向けにサービスが有効化されました。このページにバックアップ元のNASに必要となる情報が表示されます。バックアップ元のNASの管理者ページにアクセスして、Rsyncバックアップ機能の各欄に必要となる情報を入力します。エイリアスが必要な場合は、Network Backupをエイリアスとして使用します。認証名が必要な場合は、Network Backupを認証名として使用します。
 
:すべてのデバイスに同じ情報が必要になるわけではありません。NASからNASへのバックアップの設定方法、バックアップ先のNASSeagate Rackmountを適切に検出するよう設定する方法については、バックアップ元のNASのマニュアルを参照されることを強くお勧めします。
 
4 - バックアップ元のNASSeagate Rackmountにバックップする共有を選択します。Seagate Rackmountに送信されるすべてのバックアップ済みデータは、Network Backupという名前の共有フォルダに保存されます。最初に作成した時点では、この共有は未割り当ての状態となります。この共有にアクセスしたい場合は、[Users and Shares(ユーザと共有)] から [共有(共有)] メニューを開き、画面右側にカーソルを置いて [Edit(編集)] ドロップダウン・メニューを開きます。このメニューから権限を設定します。



この記事の有用性を評価してください。