Seagate Business Rackmount - Dynamic DNSおよびFTPの設定方法

È possibile impostare un DNS dinamico sul sistema Business Rackmount di Seagate e concedere l'accesso tramite FTP.

Il primo passaggio è creare un account Dyn visitando il sito Web www.dyn.com.

Seagate Business RackmountDynamic DNSを設定して、FTPを介したアクセスを許可することができます。

まず最初にDynアカウントを作成します。この方法については、www.dyn.comのサイトをご覧ください。

アカウントを作成したら、以下の手順を実行します。

 

  1. - Seagate Business Rackmountの管理者ページの [Settings(設定)から [Network(ネットワーク)を開きます。[Remote Access(リモート・アクセス)タブを選択して、ドロップダウン・メニューから [DynDnsを選択します。
  2. 各欄にDynDnsの情報を入力して、アカウントとRackmountを連携させます。
  3. - RackmountへのFTP接続が行えるよう、FTPサービスを開始されていることを確認します。このサービスを有効にするには、[Settings(設定)から [General(全般)を開きます。そこで [Services(サービス)タブをクリックし、画面右側にカーソルを置くと表示される [Edit(編集)ボタンをクリックするとFTPサービスが有効化されます。

    User-added image
  4. - FTPを介してアクセスする共有でもFTPプロトコルが有効になります。サービスが有効になっていることを確認するために、[Users and Shares(ユーザと共有)から [Shares(共有)を開きます。画面右側にカーソルを置くと、[Edit(編集)ドロップダウンが表示されます。メニューから [Access Protocols(アクセス・プロトコル)を選択します。
  5. サービスが全体でオンになっている場合、FTPサービスが緑色(有効)で表示されます。
  6. これでDnyアカウントがRackmountと連携し、FTPサービスがRackmount全体とFTPを介してアクセスする共有の両方で有効になり、FTP接続を使ってデバイスにアクセスできるようになりました。 

 

 FTPを介したリモート・アクセスには、サード・パーティのFTPクライアントが必要になります。Seagateはこうしたクライアントを直接サポートしていません。





この記事の有用性を評価してください。