Seagate NAS OS 4 - Ubuntu LTS 14.04でのiSCSIターゲットの設定と接続方法

iSCSIは、「Internet Small Computer Systems Interface」の略です。iSCSIは標準SCSIストレージ・インターフェイスの拡張子で、SCSIコマンドをIPベースのネットワークに送信することができます。これにより、直接コンピュータに接続されたドライブにアクセスするのと同じ方法でコンピュータはネットワーク上のiSCSIターゲットにアクセスすることが可能になります。

Open-iSCSI Packageは、Ubuntu 14.04 LTSにインストールされます。UbuntuはSeagate NAS上でiSCSIターゲットに接続するiSCSIイニシエーターとして機能します。

IPアドレスを使ってiSCSIターゲットに接続する場合、事前にSeagate NASに固定/マニュアルIPアドレスを設定しておくことをお勧めします。

[NAS Administrative(NAS管理者)] ページの [Network(ネットワーク)] セクションへ移動し、固定IPアドレスを設定します。

iSCSIプロトコルはNAS OS 4.0製品で利用可能ですが、以下の通り機能に制限があります。

  • LUNは1つのターゲットにのみマッピングが可能。
  • ボリュームで作成されたLUNファイル・モードのみ。                     
  • LUNブロック・モード非対応。         

           
LUNファイルは常にターゲットに添付されるため、ターゲットを作成するとLUNファイルも作成されることになります。LUNファイルはターゲットなしには存在できません。

iSCSIターゲットの作成

  1. [NAS Welcome(NASへようこそ)] ページに管理者または管理者権限を持つユーザとしてログインします。
  2. [Home(ホーム)] ページで、[Device Manager(デバイス・マネージャ)] アイコンをクリックします。
  3. 左の選択一覧の [Storage(ストレージ)] から [Volume(ボリューム)] を選択します。
  4. [Associated iSCSI(関連iSCSI)] ターゲットの下で [Add iSCSI(iSCSIの追加)] ボタンをクリックします。
  5. [Create new(新規作成)] を選択し、[Next(次へ)] をクリックします。
  6. 容量と [Advanced parameters (optional)(詳細パラメータ(オプション))] を設定し、[Next(次へ)] をクリックします。

iSCSターゲット容量は、合計8TBまたはNASの空き領域に制限されています。

この例では、どの詳細オプションも選択せず、サイズは25GBです。

iSCSI Advanced parameters(詳細パラメータ)に関する注意(この特定の例では使用されません):

Header digest(ヘッダー・ダイジェスト)- データ保全性を向上させ、プロトコル・データ・ユニットのヘッダー部分の有効性を確認します。

Data digest(データ・ダイジェスト)- データ保全性を向上させ、プロトコル・データ・ユニットのデータ・セグメントを検証します。

Multiple sessions(複数のセッション)- 単一のiSCSIターゲットに複数の接続を行うためのものです。データの破損や損失を避けるために、必ずクラスタ環境で動作させてください。

CHAP (Challenge Handshake Authentication Protocol) - 一方向および相互CHAPはMicrosoft iSCSIイニシエーターとターゲットの認証ができます。

Authorized IQN(認定IQN)- IQNは (iSCSI qualified name) の略です。IQNは物理的な場所に関係なく、特定のiSCSI要素を識別します。IQNは、iSCSIターゲットを使用しているWindows OSのiSCSIイニシエーターの中にあります。

WindowsサーバやワークステーションのIQNが認定IQNとして割り当てられた場合、iSCSIターゲットに接続できるのはそのシステムだけです。

  1. [Finish(終了)] をクリックして、選択内容を確定します。

iSCSIターゲットが作成されたら、「disconnected(切断)」と表示されます。[Edit(編集)] ドロップダウン・メニューにはiSCSIターゲットの削除、編集オプション、またはエクスポートがあります。

iSCSIイニシエーターのインストール

UbuntuをiSCSIイニシエーターとして構成するには、Open-iSCSI Packageをインストールします。

  1. ターミナルを開きます。プロンプトで次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo apt-get install open-iscsi
  2. open-iscsi Pakcageがインストールされたら、/etc/iscsi/iscsid.confを編集します。この例では、Nanoエディタが使用されています。プロンプトで次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo nano /etc/iscsi/iscsid.conf
  3. [Startup(スタートアップ)] 設定で、以下の行から#記号を削除します:
    # node.startup = automatic
    #記号を挿入して、以下の行をコメントアウトします:       
    # node.startup = manual



    iscsiadmユーティリティを使用して、使用可能なiSCSIターゲットをチェックします
  4. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo iscsiadm -m discovery -t st -p (ここにNAS IPアドレスを入れます)    
    -m: iscsiadmが実行されるモードを決定します
    -t: ディスカバリーのタイプを指定します
    -p: オプションはターゲット/NAS IPアドレスを入力します

    iSCSIターゲットが見つかりました。



    これで、iSCSIターゲットに接続できるようになります。ターゲットの設定次第では、ユーザの認証情報を入力する必要があります。この例では、認証情報は必要ありません。
  5. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo iscsiadm -m node --login

    iSCSIターゲットへの接続およびログインに成功しました。


     
  6. dmesgを使用して新しいディスクが検出されたことを確認します:
    dmesg | grep sd
    このアウトプットでは、sdbが新しいiSCSIディスクです。これは一例に過ぎません。様々なアウトプットが考えられます。


     
  7. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo fdisk /dev/sdb
    1.  ヘルプに対して「m」を入力し、[Enter] を押します。コマンドの一覧が表示されます。


       
    2. n」を入力して新しいパーティションを追加し、[Enter] を押します。

      パーティションの種類
       
    3. p」を入力して、デフォルト設定の [Primary(プライマリ)] を選択してから、[Enter] を押します。
    4. パーティション番号に「1」を入力して、[Enter] を押します。
    5. デフォルトの開始セクターを入力して選択します。
    6. デフォルトの最終セクターを入力して選択します。
    7. w」を入力して、ディスクにテーブルを書き込み、終了します。

ファイル・システムをフォーマットします

  1. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo mkfs.ext4 /dev/sdb1

iSCSIドライブのマウント・ポイントを作成します。この例では、iscsiと呼ぶディレクトリをルートに作成します。

  1. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    cd /                                     Enterを押します
    sudo mkdir iscsi        Enterを押します

iSCSIドライブをマウントします

  1. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo mount /dev/sdb1 /iscsi

    これで、iSCSIドライブがマウントされます。
     
  2. iSCSIドライブを表示するには、ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    dh -h then            

    (この例では、25GB iSCSIターゲットが使用されています)

iSCSIの権限を変更

  1. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo chmod 777 /iscsi     

Nanoテキスト・エディタを使用して/etc/fstabファイルにエントリを追加して、ブートでiSCSIドライブをマウントします

  1. ターミナル・プロンプトで、次のように入力して [Enter] を押します:
    sudo nano /etc/fstab         

    fstabファイルに以下の行を追加し、保存して終了します。(CTRL + X keys) Answer Yes:
    /dev/sdb1   /iscsi   ext4      defaults,auto,_netdev 0 0

iSCSiドライブへのアクセス

  1. Ubuntu Desktopの左側にあるファイル・アイコンを開きます:


     
  2. [Devices(デバイス)] の下の [Computer(コンピュータ)] を選択して、iSCSIフォルダを開きます。



    これで、iSCSIドライブを使用できるようになります。

    注:本記事の情報およびスクリーンショットは、Seagate NAS OS 4.0 iSCSIターゲットを対象としており、またこのiSCSIターゲットにUbuntu 14.04 LTSで接続するための基本的な設定の手順を説明しています。Ubuntuのヘルプとトラブルシューティングについては、http://www.ubuntu.com/supportをご覧ください。




この記事の有用性を評価してください。