Business Storage Windows Server NAS - 工場出荷時の設定にリセットする方法

Business Storage Windows Serverネットワーク・アタッチド・ストレージ・デバイスを工場出荷時のデフォルト設定に復元するには、以下の手順に従ってください。

  1. NASデバイスの電源を切ります。
  2. NASユニットに同梱されているフラッシュ・ドライブ(キー)を探します。
    Flash drive key
  3. 以下のアイテムをNASデバイスに接続します。
  • コンピュータ・モニタ(リモート・デスクトップは使用できないため)
  • キーボード
  • USBフラッシュ・キー
  1. NASデバイスの電源を入れます。
  2. ユニットの再起動中にF11キーを押したままにします。
    Menu with F11 highlighted
  3. 起動するUSBデバイスを選択します。
    注意: USBフラッシュ・ドライブは2回表示されます。UEFI: で始まるUSBドライブを選択してください。
    Boot device screen
  4. Windows Boot ManagerからSeagate NAS Recoveryオペレーティング・システムを選択します。
    Seagate NAS Recovery image
  5. システム回復の3つのオプションからいずれかを選択します。
  • Windows partition onlyWindowsパーティションのみ)
    本オプションは、システム・パーティションをデフォルト設定に復元します。
    警告: システム・パーティションのすべてのデータは削除されます。
  • Disk 1 only(ディスク1のみ)
    本オプションは、システム・ディスクをフォーマットし、デフォルト設定に復元します. 
     
    警告: システム・ディスクのすべてのデータは削除されます。
  •  
Factory Default(工場出荷時のデフォルト設定)
本オプションは、すべてのディスクをフォーマットし、システム・ディスクをデフォルト設定に復元します。
警告: NASデバイスのすべてのデータは削除されます。
Recovery mode image

  1. 確認ステートメントが表示され、次のアクションを通知します。
    [Start(開始)ボタンを押して続けます。
    復元プロセスが開始されます。所要時間は、選択したユニットのデータ量によって異なります。
    復元プロセスが完了すると、ユニットからUSBキーを取り外すよう求められます。
  2. USBキーを取り外して、[Reboot(再起動)を選択します。
  3. 実行した工場出荷時状態へのリセット・オプションによって、もう一度ユニットの設定へ進みます。




この記事の有用性を評価してください。