Business Storage Windows Server NAS - 新規ストレージ容量ボリュームを作成する方法

ある時点で、Business Storage Windows Server NASに独自のストレージ・ボリュームを作成する必要が出てきたり、ユニットの既存ストレージ・ボリュームを作り直す必要が出てきたりする可能性があります(工場出荷時の状態へのリセット後など)。 

これを行うには以下の手順に従います。 

手順1:ストレージ・プールの作成

SATAUSMまたはUSBドライブからストレージ・プールを作成する:

  1. プールに必要なすべての物理ディスクがインストールされていることを確認します。
  2. [Server Manager(サーバ・マネージャ)] > [File and Storage Services(ファイルとストレージのサービス)] > [Volumes(ボリューム)] > [Storage Pools(ストレージ・プール)] に進みます。
  3. ウィンドウを右クリックして [New Storage Pool(新規ストレージ・プール)を選択します。
    Server manager screen image
  4. [Next(次へ)をクリックします。
  5. 名前と説明を入力します。
  6. NASを選択します。
  7. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing name and description, choose NAS and next
  8. プールに使用したいディスクにチェックを入れます
  9. ドライブを自動設定させるか、またはホットスペア(ドライブの故障直後に、故障したドライブの代わりとなる)として割り当てるかを選択します。
  10. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot of the disks you want to pool, allocation, and next
  11. [Create(作成)を選択します。
    Screen shot of the create button
  12. 新規ストレージ・プールがサーバ・マネージャに表示されます。
    Screen shot of the storage pool added             

            手順2:ストレージ容量の作成

            ストレージ・プールを使用してストレージ容量(仮想ドライブ)を作成する:

  1. Virtual Disk(仮想ディスク)に使用したいStorage Pool(ストレージ・プール)を右クリックして [New Virtual Disk(新規仮想ディスク)を選択します。 
    Screen shot of storage pool for vitual disk
  2. [Next(次へ)をクリックします。
  3. [Storage Pool(ストレージ・プール)を選択して [Next(次へ)をクリックします。
    Image of storage pool with name selected
  4. ボリューム名と説明を入力します。
  5. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot of the storage pool and next button
  6. [Layout(レイアウト)を選択します。レイアウトには、シンプル(ストライプ)、ミラー、パリティ(RAID-5と同様)があります。
  7. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot of the layout options
  8. [Thin or Fixed(シンまたは固定)プロビジョニングを選択します。
  • シン:ストレージ・プールから必要に応じて容量を使用します。ドライブをストレージ・プールに追加することができ、その容量をシン・プロビジョニングされた仮想ディスクに使用することができます。
  • 固定:プールから一定の容量をボリューム用に選択します。データ使用量はこの容量を上回ることはできません。
  1. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing a provisioning selection
  2. 仮想ディスクの [Size(サイズ)を選択します。
  • シン・プロビジョニング・ドライブには、現在プールにある容量よりも多く設定することができます。
  1. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot to specify the size
  2. 次の画面で [Create(作成)を選択します。  

手順3:仮想ドライブへのボリュームの作成

仮想ディスク作成後に新規ボリューム・ウィザードが表示されます:

  1. [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot of the new volume wizard
  2. このパーティションを使用するサーバと仮想ディスクを選択し、[Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing option of server or virtual machine
  3. [Size(サイズ)](容量)を選択し [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing capacity
  4. [Drive letter or folder(ドライブ・レターまたはフォルダ)を選択して [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing drive letter
  5. [File system settings(ファイル・システム設定)を選択して [Next(次へ)をクリックします。
    Screen shot showing the file system settings
  6. 確認画面で [Create(作成)を選択します。

 





この記事の有用性を評価してください。