Windows RT (Microsoft Surface) でSeagate外付けドライブを使用する方法

Microsoft SurfaceタブレットにはUSBポートがあり、外付けドライブを接続して追加ストレージとして使用することができます。
この場合、留意すべき点がいくつかあります。
  • Windows RTは、Seagate Dashboardなどのドライブ付属のソフトウェアには対応していません。 これは、Windows RTがWindows標準アプリケーションを実行しないためです。 付属のソフトウェアをインストールしようとすると、「このアプリはお使いのPCで実行できません」とプロンプトが表示されます。[Close(閉じる)] ボタンを押してプロンプトを終了してください。
  • ドライブをNTFSにフォーマットする必要があります。Windows RTがこのようなWindowsインストールをサポートしていないため、SeagateのNTFSドライバはWindows RTにインストールできません。
Windows RTでドライブを使用する方法は次の通りです:
  1. ドライブにデータをドラッグ・アンド・ドロップすることができます。詳しい手順については、文書ID:206419を参照してください。
  2. Windowsのファイル履歴は、Windows RT(およびWindows 8) に内蔵のソフトウェアで、ユーザは、データ・ファイルの複数のバージョンをバックアップすることができます。このソフトウェアを使用するには、以下の手順に従ってください。
    1. Seagate外付ドライブをUSBポートに接続します。
      (キーボードをお使いの場合は、手順bcを省略できます。
    2. タブレットのメイン画面に進みます。
    3. 右から左へスワイプしてチャーム画面を開きます。
    4. [Search(検索)] をタッチします。
    5. History(履歴)」と入力します。
    6. [Settings(設定)] をタッチします。
    7. [File History(ファイル履歴)] の項目をタッチします。
    8. [File History(ファイル履歴)] ウィンドウ左側の [Select Drive(ドライブの選択)] をタッチします。
    9. 外付けドライブを選択します。
    10. [OK] をクリックします。
    11. [Run Now(今すぐ実行)] をタッチしてバックアップを完了します。
この画面に戻り、[Run Now(今すぐ実行)] をタッチして別のバックアップを完了することもできます。
ファイル履歴ウィンドウの右上隅のクエスチョンマーク・アイコンをタッチしてヘルプを参照してください。




この記事の有用性を評価してください。